全自協とは About Zenjikyo

協会概要

一般社団法人 全国届出自動車教習所協会 27年度 事業報告

 平成27年度においては、事業計画に基づき安全運転の原点は人間教育であることを基に「人と環境に優しく規範意識の高い交通社会人の育成」を教習運営重点に定め、会員へ周知徹底を図った。
 よって、自動車教習の基本を軸として安全な交通社会の実現のため、適正かつ円滑な交通安全教育を広く一般に提供し、交通安全に係る教育、普及啓蒙活動、調査研究等に積極的に取り組んだ。
 その主な実施内容は次のとおりである。

 

第1 組織の結束と届出自動車教習所の運営管理

  1. 会員ニュースの毎月発行
  2. 全自教会報の発行(2回)
  3. ホームページの積極的活用

第2 自動車教習所の適正な教習業務と教習水準の向上

  1. 教習施設の整備
  2. 安全運転中央研修所への派遣
  3. 応急救護処置指導員養成講習への派遣
  4. 運転適性検査指導員養成講習への派遣
  5. 運転免許試験制度に関する調査研究の継続

第3 交通道徳の高揚と運転者教育の健全な促進

  1. 人と環境に優しく規範意識の高い交通社会人の育成
  2. 運転適性検査の実施
  3. 卒業生に対する継続事後指導
  4. 環境と安全の両立

第4 届出教習所指導員(職員)の教育訓練の実施

  1. 全自教指導員研修会の実施
     テーマ:「高齢者との事故を防ごう」
     〜 気づいていますか? 高齢者との意識のギャップ 〜
  2. 協会主催都道府県別実技研修会の実施

第5 教習に関する図書の発行並びに教材等の共同調達

  1. 教習原簿の積極的活用
  2. 教本、教材使用の徹底

第6 交通安全教育及びその他公益活動の推進

  1. 埼玉県届出自動車教習所勉強会
  2. 交通安全教育の推進
  3. 地域における交通安全教育センターとしての活動の強化推進
  4. 警察庁連名の交通安全標語ポスター「こんばんは 早めのライトで ごあいさつ」を作成し交通安全啓蒙活動を展開
  5. 教習所コース開放の協力依頼の実施

第7 警察機関その他の関係行政機関及び諸団体との連絡協調

  1. 交通安全の強化推進
  2. 募金活動の推進(交通遺児・災害被害者等への募金活動)

第8 各種会議の随時開催

  1. 通常総会    1回
  2. 理事会     2回
  3. ブロック長会  3回

ページトップ