ドライブ予備知識

この度の東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになった方々に、心からお悔やみを申し上げますとともに、1つでも多くの命が助かり、被災地の1日も早い復興を、心からお祈りいたします。

● 運転中に地震がきたら?

車の運転中に地震を感じたら、慌てずに次の事を行いましょう。
  • ●車は徐々にスピードを落とし、左側に寄せて停止させましょう。
  • ●カーラジオから正しい地震情報を入手しましょう。
  • ●車を降りるときは、キーは必ず付けたままドアロックもしないようにしましょう。 (車が邪魔になったときに、移動させてもらうため)
  • ●車での非難は、防災活動や非難の妨げになる恐れがあるだけでなく、道路の陥没や地割れ、高架の倒壊、さらに混乱による交通事故の可能性もあります。できるだけ徒歩で非難しましょう。
  • ●車から降りて非難する際は、車検証をもちだし、車内に自分の名前と連絡先を書いたメモを残しておきましょう。

津波による冠水に注意!

海が近い地域では、津波の心配もでてきます。
冠水で車が止まってしまった場合は、水が引いた後にバッテリー端子を外しておきましょう。キースイッチが切れた状態でもバッテリーが接続されていれば、常に電流は流れている状態です。海水は真水に比べて電気を通す性質が強いので、腐食で電気配線がショートすると自然発火を起こし、車両火災を引き起こす可能性があります。
充分に注意し、二次災害にならないよう気をつけましょう。