ご当地特集〜地域のお知らせ・イベント情報〜

■ 中部・近畿ブロック編

「ゼンジロウ」の発案者、協会思いの大塚先生!

 全自教協会独自のネット問題集「ゼンジロウ」の発案提供をしてくれる、協会思いのアイン・カースクール大塚勝久先生を紹介します。

 大塚先生は、昭和58年22歳の時、飛び入り専門の教習所に就職、平成の初期までは遠方からも沢山の教習生が入所し、大いに賑わっていました。
 しかし、平成7年に神戸・淡路大震災が発生、運転免許試験場の建物が崩壊し、試験業務は休止、当然教習所に来る人もいなくなりました。
 仕事がない寂しさと、一日の長さを感じていた時、「仕事もないので誰か震災処理のため近くの建設会社へ手伝いに行ってくれないか?」という話があり、真っ先に手を挙げたのが大塚先生でした。

 初めて体験する建設現場は、ダンプや8トントラックの運転、また崩れた瓦をダンプに積み込んだりと顔どころか鼻の穴まで真っ黒になりながらの数ヶ月間は、とても充実した貴重な経験だったそうです。

 震災で半壊した現場が狭い路地にあり、そこをダンプカーのミラーをたたんで、バックで数十メートル進入し現場に着けたときは現場の従業員たちから「普通車でも難しいのにすごい!さすが指導員さんや。」と言われるほどの腕前です。

 震災後、勤めていた教習所は閉鎖、平成10年に独自で運転免許の問題集や運転教本を自社出版し、指定校から教習車を購入して個人教習を始めました。

 ところで、教習名の「アイン」という名ですが、ドイツ語で「ナンバーワン」を意味し、「ナンバーワンの教習」を目指して命名されたのだそうです。

 また、10年程前から中古教習車の売買も手掛けています。この売買を通じて様々な地域の教習所の方と話をすることでたくさんの知識を得る事ができ、大塚先生の財産になっています。なかでも大型車の改造などでは、ディーラーの方が改造方法を尋ねてくるほどです。

 常に頭の中は、車に賭ける熱い思いとアイディアでいっぱい。しかし「苦しい時に大勢の人に助けられてきたことを忘れません。」という謙虚な気持ちを忘れない人間味溢れる大塚先生です。

 

アイン・カースクール周辺のおすすめスポット&グルメ

● おすすめ観光スポット

<子午線のまち明石>

 兵庫県明石市は、日本標準時の子午線(東経135度)のまちですが、それ以外にも魚の棚、明石鯛、イカナゴの釘煮、玉子焼きなどが有名。
 ちなみに、昨年、(社)全自教交通安全セミナー及び全自教指導員研修会を開催したのは、明石市に隣接する舞子(神戸市垂水区)になります。

● おすすめグルメ

<鯛の棚と玉子焼>

 JR明石駅、山陽明石駅で下車し、南側に歩いていけば魚の棚という魚や乾物などを売っている長〜い市場があります。またその辺りを探索しますと「玉子焼」という看板があちらこちら目に飛び込んできます。それぞれ味も違いますので、どこがお勧めというのは難しいですが、比較的ハズレは少ないと思います。

ウィキペディアに玉子焼きに関する詳細が掲載されていますのでご紹介します。
参考にご覧ください。
> 玉子焼きについてはこちら
> 魚の棚マップはこちら

<お勧めのお食事処>

 魚の棚を西に歩いて行けば、お勧めの「村由丸」という料理屋さんがあります。大将は気さくな人柄で、その季節の旬の魚をさばいてくれます。
 お昼ご飯なら、鯛飯やタコ飯も人気メニューです。

<釣舟と釣場>

 「村田丸」は元々明石の漁師さんで、現在もイカナゴ漁を営んでおり、最近は釣舟も始めました。脂がのった鰤(ブリ)もたくさん釣れます。
 この関西地方でも明石の魚影は濃く、しかも釣舟は安価です。 釣舟以外では、明石海峡大橋を渡って、平坦な波止からアオリイカが釣れる場所もあります。

ページトップ