協会情報 事業報告

平成30年度 事業報告


 平成30年においては、新役員体制の基、事務局の正常運営を図り、協会員への周知徹底に努めるとともに、適正かつ円滑な交通安全教育に向けた事業の実施に努めた。
 
第1 組織の結束と届出自動車教習所の運営管理
 
   新役員体制発足に伴う業務の充実と体制強化
   通常総会にて役員改選、新体制発足
   協会運営の協議のため理事会2回、ブロック長会4回開催
   教習所の事業発展のための施策の推進
   協会員の個人情報保護等適正な業務管理の徹底
   会員ニュースの発行(5回)
   ホームページの更新
 
第2 自動車教習所の適正な教習業務と教習水準の向上
 
   環境醸成と教習内容の充実強化
   指導員養成の強化推進
   運転免許試験制度に関する調査研究の継続
 
第3 交通道徳の高揚と運転者教育の健全な促進
 
   人と環境に優しく規範意識の高い交通社会人の育成
   運転適性検査の実施
   卒業生に対する継続事後指導
 
第4 届出教習所指導員(職員)の教育訓練の実施
 
   全自教指導員研修会の実施
   関東・東北、中部・近畿、中国・四国、九州・沖縄の78校269名が参加
 
第5 教習に関する図書の発行並びに教材等の共同調達
 
   教習原簿の積極的活用
   教本、教材使用の徹底
 
第6 地域における交通安全教育センターとしての活動強化
 
第7 警察機関その他の関係行政機関及び諸団体との連絡協調
 
第8 協会事務所の移転